食器 - 買ったもの情報ブログ

買ったもの情報ブログ TOP  >  食器

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告

たち吉 花からくさ赤絵の小丼

たち吉の「花からくさ 小丼」は柄が三通りの花唐草でセット販売をしていますが、赤絵のみ単品販売があったので試しに1個買ってみました。

たち吉 【単品販売】花からくさ 小丼(赤絵のみ1個) 187-8003

注文日:2013年5月28日
購入時価格:1,050円(税込)
利用店:株式会社たち吉


  • サイズ :径14.5㎝・高さ8㎝
  • 材質:磁器


普通、丼は重たいイメージですが、この花からくさの小丼は手に持った感じがとても軽くて驚きました。
重さを測ってみると260gでした。
20年程ずっと使っていた美濃焼の丼に比べると、とても軽量で扱いやすく感じました。
小丼といっても、おうどんなどの麺類にも十分通用するサイズです。
器の上縁から2センチ下までで、450cc入ります。なみなみ満水で700ccぐらいの容量あります。
何より軽いから洗いやすい!
とてもお気に入りの器になりました。

届いた時の梱包の様子の画像です。
たち吉の「花からくさ小丼(赤絵のみ1個)」と「あけぼの 合鹿椀」とお試し商品の「都 汁碗」が届きました
たち吉 あけぼの 合鹿椀 653-0177」と「都 汁碗」のお試し商品も1個ずつ同時に購入したのでそれぞれ化粧箱に入ったものが全部で3箱、一つの段ボール箱に同梱されています。
自宅用の包装なしの状態です。箱のフタが開かないように薄茶色の紙で箱をクルッと巻いてテープでとめてあります。

花からくさ小丼187-8003(赤絵のみ1個)は青い段ボールの箱に入っていました。
たち吉 花からくさ小丼187-8003(赤絵のみ1個) が入った青い箱

花からくさ小丼187-8003 赤絵1個入りの箱のフタを開けたところです。
丼は白い薄紙でラッピングされています。
たち吉 花からくさ小丼187-8003 赤絵のみ1個入りの箱のフタを開けたところ

花からくさ 赤絵の小丼の側面の絵柄です。
地の色は真っ白ではなく、少し青みがかった白。
たち吉 花からくさ 赤絵の小丼187-8003の側面の絵柄

花からくさ 赤絵の小丼の内側の絵柄
たち吉 花からくさ 赤絵の小丼187-8003の内側の絵柄

これは花からくさ 赤絵の小丼をひっくり返した裏底面の画像です。橘吉の銘入り。
たち吉 花からくさ 赤絵の小丼187-8003の裏底面には橘吉の銘入り

丼の側面は面取りされていて、電灯にかざすと光が透けて見えます。その分軽量化できているってことだな。
光を通すたち吉花からくさ小丼



スポンサーサイト
   [ 2014年11月01日 06:44 ] カテゴリ:食器

吉祥魚形皿と吹墨富士形皿 amabro MAME / 豆皿 

amabro(アマブロ)の MAME/豆皿のあまりのかわいさに一目惚れ。
12種類ある中から、吉祥魚形皿と吹墨富士形皿を二皿ずつ購入しました。

 ■品名:MAME[豆皿]
 ■ブランド:amabro/アマブロ
  • 吉祥魚形皿(きっしょうさかなかたさら)
    魚介類は日本の食生活に関わりの深い食材で、水中に棲む生物は その水々しい姿勢が、描かれるべき美しさをもつものとみなされたと考えられています。 中でも鯛は「めでたい」に結び付けられる吉祥のシンボルです。
    w 110mm×d 65mm×h 20mm
  • 吹墨富士形皿(ふきすみふじかたさら)
    「山をかたどるならば富士山」というのが、日本の常道と言えるほど 富士山の美しさは比類がありません。 吹墨により、雄大な富士の裾野を表現しました。
    w 95mm×d 85mm×h 22mm

注文日:2013年4月7日
利用店:interiorzakka ZEN-YOU:インテリア雑貨、家具のセレクトショップです。



届いた時の梱包の様子です。
amabro(アマブロ)の商品が届きました

箱を開けると、緩衝材として英字の新聞が使われていました。オシャレー♪
ZEN-YOUさんから届いた amabro(アマブロ)の商品の梱包の様子

新聞をめくると、同時に購入した孫ちゃん用のFloyd amabro / フロイド アマブロの BAB !! [ スタイ ] バブ [ よだれかけ ]が上に載っていました。
Floyd amabro / フロイド アマブロの BAB !! [ スタイ ] バブ [ よだれかけ ]も一緒に届きました

豆皿は1皿ずつ紙製の赤い化粧箱に入っていて、エアキャップでまとめて包んであります。
amabro(アマブロ)の MAME / 豆皿梱包の様子

amabro(アマブロ)の MAME / 豆皿の赤い化粧箱はこんな感じ。
各辺が金色できんきら光り輝いています。赤い面には小さなドット模様があります。
紙は薄いので、ちょっとしたプレゼントに良い感じの箱です。
amabro(アマブロ)の MAME/豆皿の化粧箱

きちんとした贈り物にする時は、専用の桐箱に入れてもらうともっと見栄えがよくなります。



化粧箱を開けたところ。
amabro(アマブロ)の MAME/豆皿の化粧箱を開けてみる

豆皿を箱から出して吉祥魚形皿と吹墨富士形皿を並べてみました。
金彩が光っています。ちょうど手の平ぐらいの小さいサイズです。
amabro(アマブロ)の吉祥魚形皿と吹墨富士形皿

吉祥魚形皿は薬味によさそう。緑の小ネギと黄色いおろし生姜の彩りが映えます。
吹墨富士形皿はお刺身のお醤油用にも使えそうなちょっとした深さがあります。

老後の?(笑)二人だけのお正月に使おうかな。
家族全員そろった時にも使えるように買い足そうかな。
どういう風に使うか楽しみです。

お料理はよそっていませんが、豆皿を大きめのお皿にレイアウトしてみました。
大皿の空いたところにも料理を盛りつけると素敵になりそうです。
amabro(アマブロ)の吉祥魚形皿と吹墨富士形皿の利用方法

使用したお皿
   [ 2013年04月15日 00:31 ] カテゴリ:食器


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。